YouTubeチャンネルでは記事を掘り下げて紹介しています。

試合結果

【K-1】K-1 DX芦澤竜誠を殴りたいやつ大募集 速報!

9/22㈫K-1大阪大会の後、K-1 DX一回目の放送は芦澤×アンチの対戦に決定!

PPVによる買取方式となるK-1 DXの方向性がどうなるか、目が離せない一戦。

PPVはABEMA内通貨「ABEMAコイン」2000にて購入できる。(2,400円相当)

YouTube動画もありますので、こちらからながら視聴下さい!!

【結果と内容】

解説にはK-1系では初めてか清野さんと大沢ケンジさん。この前の出資関係といいABEMAで格闘技の構図に動きが出ているのか。会場内はプロジェクションマッピングで歌舞伎町をイメージした背景になっている。セコンドにはK-1ジム総本部の訓がいる。

【ルール】

2分2R 頭部へのハイキック禁止、頭部への膝蹴禁止。2ノックダウン制。判定なし。

相手のみヘッドギア装着

第1バウト

元プロボクサー:武石次郎

試合前からヘッドギア付けてんのだせえと挑発。開始早々、飛び込んでの左フックでダウンを奪うと、1R終了間際に膝蹴り連打でKO勝利。

1万回やっても1万回勝てる。ウーバーイーツ頑張ってと棘のあるゲキを飛ばした。

第2バウト

ホスト:REN、速水カレン 2対1(同時!)

ホストからは魚で一番嫌いなのはナマズとパワーワードが飛び出す。元ホストのK-1ジム五反田の斉藤雄太に指導してもらっている模様。

開始早々RENに特攻しRENダウン!その間に速水が後ろから襲い掛かる。次は一斉に襲い掛かるが速水がカウンターをもらいダウン!速水は1発でレフェリーストップ、退場!もはやどちらかわからない。1体1になると速水を詰めて連打と膝でRENをKO。これは本当のカオス!!顔面膝禁止のはずだがもろに打っているがそんなことはお咎めなし!レフェリーも大変!本当に喧嘩するならヘッドギア取れとアピール!取っていいのか?ww

第3バウト

YouTuber:ジャックポット(まなみ、とも、しんり、ターボ)

試合勝ったら焼肉行くことしか考えていない。まなみ「元カレがパンチをもらうことはない」一応とも、しんりの2人が試合に挑むがターボもバンテージを巻いている!これはサプライズがありそう。作戦は後ろから後頭部、金的とのこと。。

案の定ターボもグローブを付けているがリングは降りる。ヘッドギアは装着。序盤見合うも芦澤はともに照準を合わせてミドルキックを放つとともはもろに腹にもらいダウン。試合中ながら「絶対あばらいった」と芦澤。ともは自力では起き上がれない。その後は格闘技経験者しんりと1対1になるとふらふらする挑発とあえて打たせるアピール。しんりは構えもしっかりしており、右の強振は強い。1R終了。インターバル中ターボをあおる芦澤だがターボはリングインせず。2R開始からコーナーに詰める芦澤。ローキックや膝でかなりダメージがある模様。さらにコーナーに詰めて膝からのストレートで芦澤ダウンを奪う。その後も芦澤詰めるがしんりは逃げ回り耐える。しんりは甚大なダメージを露呈する。ここはドロー。終了後はノーサイドで抱き合う。

マイクでターボをリングインさせデコピン3発をアピール。ターボリングインしデコピンをもらって額が真っ赤になっている。しんり「めちゃくちゃ怖い、この結果は竜誠君が手抜いてただけ」。とももリングインし無事をアピール。最後にABEMAに一言「俺は格闘家で芸人じゃねえ、勘違いすんなよ」と本業格闘家であることを強く主張した。

【最後に一言】

お遊びはこれまでで、次からはプロのリングで戦うと戦線復帰を宣言!397!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

jonny

格闘技視聴歴15年。入口はK-1 MAXからです。現在は月1回程度会場観戦をしています。主にキックボクシングとMMA、一部プロレス、ボクシングについても記事を投稿していきます。

-試合結果
-, ,

Copyright© 格闘技Fw , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.