YouTubeチャンネルでは記事を掘り下げて紹介しています。

最新情報

5/11 本日の格闘技ニュース速報【RIZIN,大雅】

UFC249から一夜明け、連休の余韻も冷める今週ですが、13日・16日とUFCの大会が控えています。UFCから格闘技イベント再開の流れが生まれており、日本国内でも修斗が月内に開催を控えています。東京のコロナウイルス感染者数は連休の影響もあるとは思いますが、9日連続で100人を下回っています。管理人としては、いち早くキックボクシング大会の開催が待ち遠しいところです。ONEや修斗は会場に拘らないスタジオマッチの選択をしていますが、キックボクシングは後楽園ホールor大規模会場という風習を崩せないといったところでしょうか。後楽園ホールは今しばらくイベント使用を禁止しているようです。6月7日のシュートボクシングact3の延期も発表されておりますし、6月中まで後楽園ホールは使用できないのでしょうか。延期関係で言えば、5月31日のパンクラスも8月に延期になってしまったようですので、可能性としては沖縄大会7月がパンクラスでは最も早く開催される大会になる可能性が高いですね。DEEPについても佐伯代表は早くとも7月、8月の開催と発言しています。毎週末格闘技イベントを見れる日が早く訪れることを祈りつつ、本日の話題に移りたいと思います。恒例となりましたが、RIZINのYouTubeLiveについてです。

【RIZIN】榊原社長に呼び出されました 5月13日㈬ 19:00~

先週は6,7,8と3日連続で放送されましたが、次回のゲストは案内されていませんでした。今回のゲストは大雅選手のようです。

大雅選手は新生K-1スーパーフェザー級元王者で、2017年3月のK’Festa1で武尊選手とのタイトルマッチが予定されていましたが、直前で所属するトライハードジムとK-1サイドでトラブルが発生し、以降大雅選手含むトライハードジム勢はK-1グループでの試合禁止に。同門の安保兄弟はジムを抜けて兄弟でジムを立ち上げK-1に残る選択をしましたが、その他選手はジムに残り、RIZIN・RISE・スックワンキントーン等に参戦するようになりました。K-1と袂を分かつきっかけは大雅選手が団体の垣根を越えて那須川天心と試合をしようとしたと一部では囁かれていますが真相はわかりません。トライハードジムはかつて魔裟斗の後継者と言われていたHIROYA選手の父が経営しており、K-1とは濃い関係性を持っていたと推察されるだけに残念でなりません。話が脱線しましたが、大雅選手はK-1離脱後は中国遠征した後、RIZINに参戦します。しかし、RIZINではブレイク前の原口健飛と引き分け(判定0-1と不利)、白鳥大珠に敗れてしまいます。白鳥戦の後はRISEワールドシリーズのトーナメントに参戦し、ムエタイの強豪セクサンを自ら指名し善戦するも敗れています。その後はRIZINでタリソン・ゴメス・フェレイラに敗れ、町田光戦でようやくK-1離脱後初勝利を挙げています。昨年大晦日には白鳥大珠と再戦しダウンを奪うも額のカットで敗れています。長くなりましたが、K-1離脱後の大雅選手は明らかに戦績が悪いにも関わらずメジャー団体で破格の好待遇を受けています。RIZINの榊原CEOは一時、大雅の戦績に苦言を呈することはありましたが、それでも起用しつづけるのは間違いなく大雅選手の魅力に惹かれるているのでしょう。

今回、榊原社長との対談で聞きたいのは、天心戦にかける思いと、榊原CEOの大雅愛です。特に天心選手とは戦いたいといいながらも階級を上げていったことは少し疑問に思っていました。昨年末の白鳥戦は62kg契約でしたし。本来であればRIZIN参戦時に天心戦でも良かったのではと管理人は思っています。

ニュースというより個人的な感想になってしまいましたが、MMA選手でなく大雅選手を呼び出したということは少し踏み込んだ内容も聞けるかもしれません。大雅選手のメガイベント構想に対する反応等も気になるところですね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

jonny

格闘技視聴歴15年。入口はK-1 MAXからです。現在は月1回程度会場観戦をしています。主にキックボクシングとMMA、一部プロレス、ボクシングについても記事を投稿していきます。

-最新情報
-,

Copyright© 格闘技Fw , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.